このエントリーを Google ブックマーク に追加
Facebook にシェア
Pocket

ダイエットして太りにくい身体を作るには、

朝昼晩と決まった時間に食べない体調のリズムと弊害。
自己判断による食事によるダイエットは体調のリズムを
崩す場合があります。朝昼晩と3食のうち、
特に朝食は大切と思います。

%e9%a3%9f%e4%ba%8b%ef%bc%88%e6%9c%9d%e9%a3%9f%e3%83%bb%e5%ae%b6%e6%97%8f%ef%bc%89

 

食べるのを我慢するとストレスになるし、
ストレスを気に過ぎで食べると
ダイエットにはなりません。

 

 

糖代謝の数値が高いとスイーツは食べれないですし、
朝食を抜いてスイーツを食べても糖代謝の数値は
下がらないですよ。必要なのは適度な運動と「タウリン」です。

 

「タウリン」は牡蠣、タコ、イカとカレーライスに
「タウリン」が多く含まれています。

 

%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%a8%e3%82%b5%e3%83%a9%e3%83%80

 

 

但し、「タウリン」飲みを食べてもダメです。
食材はバランスです。偏った食材でなくバランスです。

 

魚、特に青魚、野菜、豚肉、牛肉、鶏肉と料理のバランスが
健康を維持し、結論として理想のダイエットにつながります。

 

 

本題に戻します。

 

 

朝食はどのような効果があるのか?
朝食を食べないで抜く人が多い。食べない人が多い。

 

食べない人はどのような人が多いか?

 

「ダイエットを考える人」と誰でも考えると思います。
具体的にはどんな人がいるか?

 

・○○食ダイエットで特定の食材飲みを食べている。
・プチ断食で一日一食にしている人
・デトックスをして朝食を食べない人
・三日間デトックスをして朝食を食べていない人
・一週間デトックスをして朝食を食べていない人
・交替勤務をして朝食を食べないで寝ていて昼食兼用の朝食を食べている人

 

 

 

偏ったダイエットと食べ物は体調に良くないことが多いから
かかり付けの病院をもつことです。

 

先ほど列記した朝食を取らない人はその他にも
たくさんいると思います。

 

体調によっては弊害を起こす場合もあります。
医師の基に特定のダイエットする場合は問題ないですが
自己判断によるダイエットは注意が必要です。

 

※健康に必要なのは信頼できるドクターを見つけることです。
医師と付き合い、かかりつけの病院を持つことです。
健康を維持し、医師の指導の基のダイエットが効果を出します。

 

 

 

朝食を食べないダイエットの弊害と体調リズムの変化

朝食を抜いてスイーツと言いましたが、朝食にはどんな効果が
あるのでしょうか?朝食は大切と言いますがどのような効果が、
それは、朝食は体内時計を調整してくれますから大切ですね。

%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%ad_%ef%bd%bd%ef%be%8d%ef%be%9f%ef%bd%bc%ef%bd%ac%ef%be%99

 

 

前の日の夕食をきちんと食べないと翌朝、
「朝は食欲がない…」と言うことになり、
朝食が食べれない可能性があります。

 

それは、体内時計を調整を直すことができず、
時計の針が早くなったり遅くなったりと正確な時間を
刻むことができず、ずれた状態のまま過ごすことになります。

 

体内時計がずれた状態では、体調も崩しダイエットどころの
話ではなくなります。常に健康でなくてはなりません。
体の健康、心の健康、頭の健康と共通するのが体内時計。

%e5%a4%a7%e5%88%a4%e7%84%bc%e3%81%8d

 

美味しいものを食べて、スイーツもたくさん食べて
ダイエットしましょう。そのためには体内時計を
調整して正しい時間を刻むためにも朝食は必要と思います。

 

◎——————–メルマガ紹介———————–◎

※健康・美容・食生活・運動の見直しメルマガはこちら

http://goo.gl/UxvsqD

◎——————————————————–◎

 

新健康・美容法でのダイエット結果